大阪 なんばの商店街にある昔ながらの老舗うどん屋さん「天政」看板にある通り、安くて・早くて・うまい お店でしたよ。当日は朝の8時ごろだったのですが、朝早くからも営業しているので、出勤前や通学前に一杯食べていけますよ。

S 20807697

お店の場所

住所:大阪府大阪市中央区難波3-3-3

大阪の繁華街 なんばの商店街にあります。なんばといっても、南海電車側やJR電車側などとエリアが分かれているので、友人との待ち合わせなどで間違えないように指示しましょう。
今回、ご紹介する天政は地下鉄 御堂筋線のなんば駅から徒歩15分程度の場所にあります。
お店は商店街の中にあるので、買い物帰りなどにふらっと立ち寄るのにも便利な場所にあります。

ヨコイのメニュー

S 20807700

見てびっくりしましたよ。お店の入り口付近にあるメニューを見てみたのですが、うどんが220円からで、天ぷらうどんが300円と激安。うどんだけでなく、そばもあり、トッピングも山菜、昆布、梅わかめ、月見など種類も豊富です。

 

何を食べたの?

S 20807698

当日は日曜日だったのですが、カウンセラー関係の授業が朝9時からあったので、宿泊先のなんばを朝8時ごろ出発する予定でした。

宿泊先に温泉があったので、朝の7時に起きて、のんびりとお風呂に入っていたら予定よりも遅くチェックアウトしてしまい、お腹が減っている中、駅に向かうことに。

何か食べて授業に行こうと思ってなんばの商店街を歩いていました。朝8時にあいているお店といえば、マクドナルドや松屋、すき家、吉野家といったチェーン店ばかりで、目新しいものがなく、食べようか食べまいかと悩んでいました。

商店街を歩いていたそんな矢先、激安価格でうどんを食べられるお店「天政」を知り真っ先に店内へ。

店内はすでに4人程度のお客さんがいて、美味しそうに食べてましたよ。かなり悩んだ挙句、天ぷらうどんを食べてみました!天ぷらうどんといえば、みなさんどんなイメージがありますか?

エビ天やかき揚げが乗っているうどんをイメージしたりする人もいると思いますが、僕は会社の食堂や駅の構内、電車のホームにある立ち食いうどん屋さんの天ぷらがイメージにあります。

天政の天ぷらうどんは後者のタイプのうどん。

エビ天が乗っているのではなく、一見すると天ぷらの衣だけ?と思ってしまうほどの衣の量。注文して、出てきた直後はカリカリですが、5分程度としばらく出汁に漬け込んでいると、ちょっとずつふやけてきて、食べやすくなります。
ふやふやになった天ぷらに、七味唐辛子を10ふり程度、ふってあげて食べるうどんが美味しいんですよねー。

格別に美味い!とは思ったことはないのですが、どこか懐かしい味を感じるんですよ。ふやけた天ぷらをお箸で持ってみると、先ほどまでのカリッとしていた天ぷらがまるで別物みたいに柔らかくなっていて、食べやすい状態になってます。

まだ湯気が出ている熱々の天ぷらをお箸で切り分けて、口の中に入れてみると、即座にお口の中に広がるお出汁の香り。ふやふやの天ぷらをひと噛み、ふた噛みしていくと、カツオ風味の効いた出汁がお口の中にさらに広がります。

お次はうどん。

かつおダシが効いたつゆにたっぷりとひたったうどんをお箸で一つまみ。丸亀製麺などで代表される讃岐うどんの様な硬いタイプのうどんではなく、風邪を引いた時に体に優しい、やおいうどんでした。

ひと噛みすると、あっという間に噛み切れ、空腹の胃袋に柔らかいうどんがするすると入っていきます。朝のうどんは、讃岐うどんの様なコシがありすぎるうどんよりも、柔らかいうどんの方が良いですね。

お店の営業時間について

「天政」の営業時間は以下の通り。

営業時間 :7時00分〜24時00分
定休日  :なし
電話番号 :06-6641-1846
禁煙、喫煙:完全禁煙

感想

朝早くから開いているので、早起きした時はとてもありがたいですね。うどんは福岡で食べたうどんとそっくりの柔らかいうどんで、風邪の時だけじゃなくともついつい食べたくなるうどん。
天ぷらを食べる際はぜひ、5分程度、出汁につけてから食べてみてください。たっぷりと出汁を吸った天ぷらは、お口に入れて噛みしめるたびに天ぷら風味の出汁がお口の中いっぱいに広がって、食欲を一層かき立ててくれます。
お財布にも胃袋にも優しい「天政」のうどんをぜひ食べてみてくださいね。

天政 食べログページ


http://hiroshiman.xyz/wp-content/uploads/2018/04/S__20807697.jpghttp://hiroshiman.xyz/wp-content/uploads/2018/04/S__20807697-100x100.jpgYANぐるめ大阪グルメ,うどん,有名,麺類,大阪,ご飯,なんば,難波,有名店,ランキング,天政,とりあえず大阪 なんばの商店街にある昔ながらの老舗うどん屋さん「天政」看板にある通り、安くて・早くて・うまい お店でしたよ。当日は朝の8時ごろだったのですが、朝早くからも営業しているので、出勤前や通学前に一杯食べていけますよ。 お店の場所 住所:大阪府大阪市中央区難波3-3-3 大阪の繁華街 なんばの商店街にあります。なんばといっても、南海電車側やJR電車側などとエリアが分かれているので、友人との待ち合わせなどで間違えないように指示しましょう。 今回、ご紹介する天政は地下鉄 御堂筋線のなんば駅から徒歩15分程度の場所にあります。 お店は商店街の中にあるので、買い物帰りなどにふらっと立ち寄るのにも便利な場所にあります。 ヨコイのメニュー 見てびっくりしましたよ。お店の入り口付近にあるメニューを見てみたのですが、うどんが220円からで、天ぷらうどんが300円と激安。うどんだけでなく、そばもあり、トッピングも山菜、昆布、梅わかめ、月見など種類も豊富です。   何を食べたの? 当日は日曜日だったのですが、カウンセラー関係の授業が朝9時からあったので、宿泊先のなんばを朝8時ごろ出発する予定でした。 宿泊先に温泉があったので、朝の7時に起きて、のんびりとお風呂に入っていたら予定よりも遅くチェックアウトしてしまい、お腹が減っている中、駅に向かうことに。 何か食べて授業に行こうと思ってなんばの商店街を歩いていました。朝8時にあいているお店といえば、マクドナルドや松屋、すき家、吉野家といったチェーン店ばかりで、目新しいものがなく、食べようか食べまいかと悩んでいました。 商店街を歩いていたそんな矢先、激安価格でうどんを食べられるお店「天政」を知り真っ先に店内へ。 店内はすでに4人程度のお客さんがいて、美味しそうに食べてましたよ。かなり悩んだ挙句、天ぷらうどんを食べてみました!天ぷらうどんといえば、みなさんどんなイメージがありますか? エビ天やかき揚げが乗っているうどんをイメージしたりする人もいると思いますが、僕は会社の食堂や駅の構内、電車のホームにある立ち食いうどん屋さんの天ぷらがイメージにあります。 天政の天ぷらうどんは後者のタイプのうどん。 エビ天が乗っているのではなく、一見すると天ぷらの衣だけ?と思ってしまうほどの衣の量。注文して、出てきた直後はカリカリですが、5分程度としばらく出汁に漬け込んでいると、ちょっとずつふやけてきて、食べやすくなります。 ふやふやになった天ぷらに、七味唐辛子を10ふり程度、ふってあげて食べるうどんが美味しいんですよねー。 格別に美味い!とは思ったことはないのですが、どこか懐かしい味を感じるんですよ。ふやけた天ぷらをお箸で持ってみると、先ほどまでのカリッとしていた天ぷらがまるで別物みたいに柔らかくなっていて、食べやすい状態になってます。 まだ湯気が出ている熱々の天ぷらをお箸で切り分けて、口の中に入れてみると、即座にお口の中に広がるお出汁の香り。ふやふやの天ぷらをひと噛み、ふた噛みしていくと、カツオ風味の効いた出汁がお口の中にさらに広がります。 お次はうどん。 かつおダシが効いたつゆにたっぷりとひたったうどんをお箸で一つまみ。丸亀製麺などで代表される讃岐うどんの様な硬いタイプのうどんではなく、風邪を引いた時に体に優しい、やおいうどんでした。 ひと噛みすると、あっという間に噛み切れ、空腹の胃袋に柔らかいうどんがするすると入っていきます。朝のうどんは、讃岐うどんの様なコシがありすぎるうどんよりも、柔らかいうどんの方が良いですね。 お店の営業時間について 「天政」の営業時間は以下の通り。 営業時間 :7時00分〜24時00分 定休日  :なし 電話番号 :06-6641-1846 禁煙、喫煙:完全禁煙 感想 朝早くから開いているので、早起きした時はとてもありがたいですね。うどんは福岡で食べたうどんとそっくりの柔らかいうどんで、風邪の時だけじゃなくともついつい食べたくなるうどん。 天ぷらを食べる際はぜひ、5分程度、出汁につけてから食べてみてください。たっぷりと出汁を吸った天ぷらは、お口に入れて噛みしめるたびに天ぷら風味の出汁がお口の中いっぱいに広がって、食欲を一層かき立ててくれます。 お財布にも胃袋にも優しい「天政」のうどんをぜひ食べてみてくださいね。 天政 食べログページリアルなグルメ、広島・名古屋情報を発信しています