本のタイトル:仮説力が身につく入門テキスト

 

読んで欲しい人

・仕事や普段の生活でもっと効率的に物事を進めたいと思っている人。

 

ポイント

 ・仮説する目的は最短で最も効率的な方法を見つけ出すための手段。

・骨折することでのメリットは、物事を先回りして考える癖がつく。

・先回りして考えるので誰よりも物事を調べるようになり自分の考えやしたいことが分かるようになる。

 ・仮説力のトレーニングとしては、まずは仮説というのは100%正しいとは思わなくてもよい。 70%から80%程度正しそうならまず仮説にしておけばよい。

・ 仮設の代替え案をどんどん組み立てる。

・人の話は基本的には何もしないで仮設だと考えること。

・pdcaサイクルを回すこと。

・常に正しいことは存在するわけではないので仮説検証を繰り返す。

 

投稿者プロフィール

YAN
YAN
広島の美味しいお店やトリビア的なことをつぶやいてますが、たまにちがうこともつぶやきます。
http://hiroshiman.xyz/wp-content/uploads/2021/04/41OiXHgKG8L._SX342_SY445_QL70_ML2_.jpghttp://hiroshiman.xyz/wp-content/uploads/2021/04/41OiXHgKG8L._SX342_SY445_QL70_ML2_-100x100.jpgYAN雑記初心者,書評,ブックレビュー,仮説,仮説力,入門,参考書本のタイトル:仮説力が身につく入門テキスト   読んで欲しい人 ・仕事や普段の生活でもっと効率的に物事を進めたいと思っている人。   ポイント  ・仮説する目的は最短で最も効率的な方法を見つけ出すための手段。 ・骨折することでのメリットは、物事を先回りして考える癖がつく。 ・先回りして考えるので誰よりも物事を調べるようになり自分の考えやしたいことが分かるようになる。  ・仮説力のトレーニングとしては、まずは仮説というのは100%正しいとは思わなくてもよい。 70%から80%程度正しそうならまず仮説にしておけばよい。 ・ 仮設の代替え案をどんどん組み立てる。 ・人の話は基本的には何もしないで仮設だと考えること。 ・pdcaサイクルを回すこと。 ・常に正しいことは存在するわけではないので仮説検証を繰り返す。  リアルなグルメ、名古屋・広島情報を発信しています